忍者ブログ
ミステリ作家を目指す希元のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近読んだ本の中では一押し。
恒川光太郎、雷の季節の終わりに。
なんとも叙情的で良い。
最新作の秋の牢獄は、これに比べると、若干普通かな…という印象。
デビュー作の夜市も以前読んだときは物足りなく感じたけれど、
読むたびに良くなってくる。
読み締めるほどに味がでてくる、そんな文章と世界観。
おすすめ。








PR
短編のネタでいいのを思いついたのですが、
書く暇がないので、しばし封印。


女王国の城を読みました。
かなりおもしろかったのではないでしょうか?
でも15年のスパンは長すぎます、
次はせめて10年でお願いします(笑)。
それはともかく、僕が今年読んだ中では 首無と一、二を争う感じです。
他には インシテミル 首鳴き鬼の島に注目していますが、
まだこちらは読んでいません。
かの江戸川乱歩が大絶賛した作品だそうで。
これを翻案したのが三角館の恐怖なんですって。
エレベーターにのせられた車椅子の老人が、
下の階についてみると、殺されていたという密室がでてきます。
ざ・本格といった作品ですね。
ストーリー自体は現代においては多少、退屈だったかもしれません。




イヴ&ロークシリーズ3作目。
変わらずおもしろい。






でも、いい加減違う作品も読もう(笑)
イヴ&ロークシリーズ2作目。
相変わらず、犯人はわかる。
トリックは軽いです。
でも、そんなことはどうでもよい、
おもしろいのだから。






1つ気になった点。
よく小説は視点を固定してなんていいますが、
イヴ&ロークのシリーズでは、全然そんなことないです。
視点ころころ七変化なんですよ。
いいんですか、これは?
日本じゃないから許される?
あぁ、そうなんだ・・。
翻訳ものを読もうと探していた本屋で、
なにげなく手に取った1冊。
大当たりでした。





とにかく描写だとか、会話がいいです。
世界的なベストセラー作家の別名義だそうですが、
なるほど、と納得するばかり。
最近、シリーズ15作目が翻訳されたそうなので、
これは追いかけて読んでいくことになるでしょうね。
おすすめ。

乱歩賞受賞作という事で読んでみました。
本屋で平積みになっていて面白そうだったので、
読んでみました。







リーダビリティは抜群なんですけど、
かなり前の段階で、落ちが読めてしまって、
これじゃないといいなぁ・・と思って読んでたら、
やっぱりそれで、むぅ・・みたいな感じでしたね。


でも、著者はドイツ人なんですが、
これが処女作だそうで、
そう聞くと、なかなかのもんだ、とは思いました。


海外翻訳物のほうが、
日本の小説より平均して雰囲気があるよね。
台詞回しがうまいというか。
今年の横溝正史ミステリ大賞同時受賞作、
もう1冊のほう。

首無がおもしろかったので、同じシリーズ。
三津田信三です。

隔絶された孤島、連続殺人、不可能犯罪、過去の暗い記憶、見えない動機etc、
マキムラさんより1回前のオール読物推理小説新人賞の受賞者。
祐光正さんのデビュー作。

なかなか面白かった。
トリック自体は、例のあれなんで
個人的にはあっち系のトリックって、あまり好きではないから
まぁ、その、あれなんですが。
でも、ラッシュライフよりずっとすっきり読めた。

ハンドラーの文章はおしゃれですね。
ウィットやユーモアにとむ文章というのは、
えてしてくどくなりがちだけれど、そういうこともない。
こうありたいものです。

ご存知、伊坂幸太郎。



ただ、僕は彼の作品は言われるほど、好きではない。
もちろん嫌いではないよ。
上手だとは思うしね。
単純に好みの問題。


なんか上手すぎて、予定調和感を強く感じてしまうというか。



もっとも、彼の作品を全て読んだわけではないので、
たまたま、そういう印象を受けただけかもしれないが・・・。



森博嗣新シリーズイナイ×イナイ。
Gシリーズよりだいぶ普通。
Gがミステリーじゃないとか、なんだかんだ言われても、
こうなるとやや寂しい感じがする。


読者ってのはわがままなものです。
フリーエリア
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
希元
性別:
男性
最新コメント
[11/03 希元。]
[10/12 三日月]
[09/30 希元。]
[09/28 ちみかな]
[07/18 希元。]
[07/17 ちみかな]
[07/03 希元。]
[07/03 まいま]
最新トラックバック
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.